現在の位置: 精龍堂精力剤ショップ > 注目の抗ガン漢方ーカイジ(槐耳)
注目の抗ガン漢方ーカイジ(槐耳)

カイジ(槐耳) カイジ(槐耳)は漢方の本場中国でも注目の抗ガン漢方!カイジ(槐耳)という薬草は、槐(エンジュ)の老木に生長したキノコ(カイ栓菌)です。槐の木に半円形で寄生する姿はまるで人間の耳のように見えます。そこから槐耳と呼ばれるようになったとのことです。

 カイジというキノコは、日本では今まであまり耳にしたことがありません。中国の古い医学書にカイジの効能の記載がありますが、老齢の槐の木が希少なため、漢方界からは忘れられた存在になっていました。ところが20年以上前ですが、ある末期原発性肝臓ガンの患者さんが、老齢エンジュに寄生するカイジを長期間服用することで、思いがけなくガンが完治しました。中国の衛生部はその実例を端緒として、カイジの研究をスタートさせました。

 100人以上の研究者によって、自然のカイジと人工培養のカイジについて薬理作用、毒性作用、基礎試験、臨床試験が実施され、1992年中国衛生部(日本の厚生労働省にあたる)新薬審理委員会にて、国家Ⅰ類漢方抗ガン新薬に認証されました。そして日本に渡ったのはまだ最近の2004年のことです。

 カイジの主な活性成分は「PS-T」という多糖たんぱくです。他に二十種ほどのミネラルの含有も認められています。カイジのガンに対する作用は、下記のようなものがわかっています。

①アポトーシス

 細胞は自らの寿命を全うすると自然に死んでいきます。(アポトーシス) ところが、ガン細胞はこの自然のプログラムが異常になり、悪性の細胞が延々と増殖を繰り返し増えていくので困るわけです。しかし、ガン細胞にもアポトーシスを起こす能力がまったくないわけではありません。カイジはガン細胞のアポトーシスを誘発することがわかっています。

②腫瘍抑制効果

 マウスを使った動物実験で、腫瘍を抑制する効果が判明しています。

③免疫賦活作用

 ガン細胞に対抗する免疫細胞であるマクロファージ、NK細胞を活性化させます。

④新生血管抑制作用

 ガン細胞も増殖するためには栄養が欲しいので、自分専用の血管を作ろうとします。新たに作られた血管のことを新生血管と呼びます。カイジには、ガン細胞が新生血管を作ることを抑制する働きがあります。

⑤抗ガン剤・放射線治療による副作用の軽減および効果の増強
 ガン治療で多用される抗ガン剤や放射線による人体へのダメージを軽減し、かつそれらの効果が増すよう免疫レベルが調整されます。

 中国では、カイジは主として肝臓ガンなどの消化器系のガンに使用され、良好な結果を得ているようです。カイジ研究およびガンの中西医結合(西洋医学と中国医学を統合的に用いる)治療の第一人者 劉魯明教授(中国上海 復旦大学附属腫瘍病院 国際統合医療がんセンター)も、肝臓ガンにカイジを投与しています。手術後の再発・転移予防、抗ガン剤・放射線との併用療法、進行・末期肝臓ガンへの漢方療法において、貴重な抗ガン漢方として位置づけられておられます。

『注目の抗ガン漢方ーカイジ(槐耳)』この情報の関連商品
カイジ(槐耳)顆粒 カイジ(槐耳)顆粒¥ 4900 円在庫あり 規格:20g*6袋 評価 1 槐耳(カイジ)顆粒は原発性肝癌の化学治療の補助薬として用いられます。更に肝臓部分の痛みやお腹の張りや倦怠感を改善する作用もあります。肝臓がん、胃がん、膵がん食道がん、腸がん、乳腺がん、肺気管支がん、鼻咽がん、頭頸部がん、膀胱がん、前立腺がん、白血病などに著しい治療効果があります。