現在の位置: 精龍堂精力剤ショップ > 避妊・中絶薬 > レボノルゲストレル錠1.5mg
レボノルゲストレル錠1.5mg規格:1錠(回)/箱【1錠:¥600~】 規格:1錠(回)/箱【1錠:¥600~】
写真拡大

レボノルゲストレル錠1.5mg

  • 1 箱単価:600 円VIP:540 円
  • 2-5箱単価:600 円VIP:540 円
  • 6-10箱単価:600 円VIP:540 円
  • 11-20箱単価:600 円VIP:540 円
  • 数量:

レボノルゲストレル錠1.5mgの商品説明

商品詳細

 レボノルゲストレル錠は性行為後72時間以内の服用で、98%以上妊娠を回避することが可能な緊急避妊薬です。ノルレボジェネリック医薬品
 緊急避妊薬は大きく分けてヤッペ法とレボノルゲストレルの2種類があります。レボノルゲストレルは従来のヤッペ法より、妊娠阻止率が高く、副作用も少ないことが特徴です。レボノルゲストレル法では服用後の吐き気はほとんどみられず服用者の3.6%に悪心が認められた程度です。
 高い避妊率で支持されているレボノルゲストレル錠は、主成分に病院処方のアフターピルと同じ「レボノルゲストレル」が使用されています。
 レボノルゲストレル錠1.5mgは中国にて2005年から現在に至るまで総計6億錠処方されている信頼ある緊急避妊薬です。
 通販を利用したアフターピル(レボノルゲストレル錠)の購入であれば、妊娠を望まない女性にとって、心強い味方となってくれるお薬です。

こんな人にオススメ
・現在、妊娠を望んでいない
・緊急時のために備えておきたい
・病院のアフターピル(ノルレボ、アイピル等)と同成分のピルを使用したい

病院と通販の価格比較
 アフターピルを病院で処方してもらうと1錠もらうのに10,000~20,000円の費用が掛かります。これはアフターピルが自由診療で保険適用にならないためです。
 通販購入のレボノルゲストレル錠は800円程度から購入できるために費用を抑えることが可能です。
 同じ成分でノルレボ或いはノルレボジェネリック医薬品アイピルより安く入手出来る訳は、消費大国の世界一の生産量の為です。

使用方法
 避妊に失敗した性行為から、72時間以内に1錠を服用してください。
 72時間以内の服用で約98%妊娠を回避することが出来ます。12時間以内に服用できた場合はおよそ100%の確率で妊娠を回避できるため、可能であれば早いタイミングで服用してください。

有効成分
 レボノルゲストレル1.5mg(Levonorgestrel1.5mg、ノルレボと同様)

副作用
 消退出血、吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加など

服用後の注意点
 レボノルゲストレル錠の服用後2時間以内に嘔吐した場合、レボノルゲストレル錠の成分が十分に吸収されていない可能性が考えられます。嘔吐が服用から2時間以内であれば1錠を再度服用してください。又、レボノルゲストレル錠は吐き気止めと併用することが可能です。

レボノルゲストレル錠を服用できない人
・レボノルゲストレルに対して、アレルギー反応が出たことがある方
・すでに妊娠している方
・重い肝障害を患っている方
・心疾患、腎疾患にかかっている、または過去に患ったことがある方
上記に該当する人は、レボノルゲストレル錠を服用することが出来ません。その他、持病など不安要素がある方は必ず医師への相談の元、本薬を使用してください。

併用注意薬
・抗けいれん薬(アレビアチン、アクセノン、テグレトールなど)
・HIVプロテアーゼ阻害剤(ノービア、カレトラ、レイアタッツなど)
・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(ストックリン、エジュラント、ピフェルトロなど)
・セイヨウオトギリソウ含有食品(セント・ジョーンズ・ワート配合のサプリメントなど)
上記に該当するものを服用・摂取している方は、医師に確認してからレボノルゲストレル錠を使用してください。

注意点
・レボノルゲストレル錠の服用後に副作用による消退出血が起こる可能性があります。念のため、生理用ナプキン・おりものシートなどの使用をおすすめします。
・消退出血と着床出血の区別が難しいこともあるため、生理周期に合わせて妊娠検査薬で確認してください。
・レボノルゲストレル錠はあくまで「緊急用」の避妊薬です。常用することは出来るだけ避け、計画的な避妊を行う場合は低用量ピルの使用を検討してください。

豆知識
 レボノルゲストレル錠には2つの抑制効果があります。
①受精抑制
②着床抑制
 まず受精卵となるには、妊娠しやすい「排卵日」に精子と卵子が出会う必要があります。そして2つが結びつくことで受精卵となります。
ですので、受精を抑制するために排卵を止めることが出来ます。身体の中を排卵が起こらない状態にしておくことで、精子と卵子が結びつく機会を失わせることが出来ます。
 もし想定外の状況が排卵日後であり、受精卵となってしまった場合でも、もう1つの作用により妊娠を阻止することが出来ます。それが着床抑制の効果です。
 受精卵は子宮内膜へ着床しますが、子宮内膜が増殖するのを抑えることで受精卵が着床出来ない状態を保ってくれます。排卵前後どちらでも避妊効果があり、SEX後に出来る限り早く服用することで妊娠を回避出来ます。

レボノルゲストレル錠1.5mgの口コミ、体験談、使用評価

レビューを書く

レボノルゲストレル錠1.5mgの関連情報