現在の位置: 精龍堂精力剤ショップ > 避妊・中絶薬 > レボノルゲストレル腸溶錠1.5mg
レボノルゲストレル腸溶錠1.5mg規格:1.5mg*2錠/2回/箱【1回:¥396~】 規格:1.5mg*2錠/2回/箱【1回:¥396~】
写真拡大

レボノルゲストレル腸溶錠1.5mg

  • 1 箱単価:930 円VIP:837 円
  • 2-5箱単価:884 円VIP:796 円
  • 6-10箱単価:837 円VIP:753 円
  • 11-20箱単価:791 円VIP:712 円
  • 数量:

レボノルゲストレル腸溶錠1.5mgの商品説明

レボノルゲストレル腸溶錠の特徴
 従来レボノルゲストレル錠の副作用は主に吐き気と嘔吐です。服用して2時間内嘔吐場合再服用必要があります、
 こちらのレボノルゲストレル腸溶錠が胃では溶けず,腸で溶けるようにした錠剤ですので、服用後嘔吐しでも安心出来ます。
 日本のノルレボ錠1.5mg(NORLEVO Tablet、あすか製薬製)なら17,000円/錠/回(診察料別)、ノルレボのジェネリックレボノルゲストレル錠(富士製薬)9,000円/錠/回(海外送料別)、インド製ジェネリックi-Pillなら2,000円/錠/回(診察料別)です。人気は劣りますが、ジェネリックの有効成分はもちろん変わりません。こちらのレボノルゲストレル腸溶錠500円/錠/回未満となります。ピル消耗生産大国中国ならではの低コストです。できるだけコストを抑えたいという方は、レボノルゲストレル腸溶錠を選ぶことをおすすめします。

レボノルゲストレル腸溶錠の効果
 レボノルゲストレル腸溶錠は望まない妊娠を防止します、72時間内服用の避妊率は100%近くとなります。早期の服用ほど効果が高く、排卵を遅らせ着床を防ぐ事で妊娠回避する方法であるため、受精卵が着床してしまった後では効果が期待できません。また妊娠が成立してしまった場合において、異常妊娠を生じた報告は現在のところありません。
 *120時間以内においても避妊効果が可能とされています。

レボノルゲストレル腸溶錠の副作用
 レボノルゲストレル腸溶錠の副作用発生率や程度はヤッベ法と比べ大幅に改善されています、強い副作用はほとんどありません。副作用は主に吐き気と嘔吐です。時に頭痛・めまい・腹痛・乳房緊満感などが生じる場合もありますが、ほとんどが24時間以内に消失します。軽度な副作用が稀に起こる可能性があることは理解しておくようにしましょう。

用法・用量
 性行後72時間以内の服用が必要とされているが、120時間まであれば効果が期待できます。服用が早ければ早いほど、避妊成功率は高まります。

服用後の注意点
 レボノルゲストレル腸溶錠を服用した後に月経のような出血(消退出血)や不正子宮出血がみられる事があり、正常な月経と見分けがつかない場合もあるため、後日改めて必ず妊娠検査を行う必要があります。レボノルゲストレル錠を服用した後は生理周期(次の排卵時期)が変わります。そのために避妊に成功した場合でも、その後の避妊をきちんと行う必要があります。レボノルゲストレル錠はあくまで緊急避難的な用途の薬剤であり常用すべき方法でないことをご理解ください。

服用を避けなければならない方
 レボノルゲストレルに対し過敏症の既往歴(これまでにかかったこと)のある女性
 重篤な肝障害のある患者(レボノルゲストレルにより肝臓への負担が増加するため,症状が増悪することがあります)
 妊婦(女性胎児の性器の男性化、男性胎児の女性化などの危険性があります)
 授乳中の人(レボノルゲストレルの成分が乳汁中に移行します)
メーカー
 Regenex製薬
許可番号
 H20093994
特許番号
 ZL02148956.4
参考サイト
 商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています
 Regenex製薬公式サイト   
 レボノルゲストレル - Wikipedia  
 緊急避妊剤 ノルレボ錠1.5mg   

レボノルゲストレル腸溶錠1.5mgの口コミ、体験談、使用評価

レビューを書く

レボノルゲストレル腸溶錠1.5mgの関連情報